診療時間

9:00〜19:00
(最終受付18:00迄)

休診日

火・水
(祝日を除く)


トップ > 治療例 > 骨折による右後肢断脚

骨折による右後肢断脚

サファイヤちゃん 2歳半 ジャンガリアンハムスター ♂

  


水槽タイプのケージで飼っていて、いつも夜に掃除してあげるのですが、その日はいつもより少し遅い時間でした。
 サファイアをみると、右後肢が明らかにおかしな方向に向いており、水槽の床に血も付いていました。かかりつけ病院に急いで電話をしてみましたが、夜なので不在でした。エキゾチックセンターが夜間も救急で診てくれることを知っていましたので、夜中にタクシーで「救急医療センター」に飛び込みました。肢はぶらぶら状態でしたから、骨折していることは明らかだと感じていました
 検査の結果、先生から骨折のお話、そして手術のお話がありました。 ハムスターはこの子で3代目なので知識もありましたから、骨折の場合「断脚も治療のうちの一つ」である事は覚悟しておりました。年齢も若くはありませんでしたが、痛いまま自分でかじってしまうのはかわいそうだったので、すぐに手術をして頂く事をお願いしました。
 「この子は自分の息子で大切な家族の一員なんです。ですからどうぞ宜しくお願いします。」そう先生に、お伝えしました。
 「動物手術センター」にて手術は無事終了し、迎えに行った時は、エリザベスカラーはしていましたが、この子なりに動きはあり、ぐったりしている事はありませんでした。
 甘いもの好きが功を奏して、シロップタイプの内服薬は大好きで、積極的に飲んでくれました。しばらく顔のグルーミングが出来なかったのはちょっとストレスだったように見えましたがが、もともと小学校で飼飼われていたハムスターだったので、性格がおおらかというか、環境を素直に受け止めて自分なりに生活してくれるという感じで、適応力があるようでした。
 今回は正直はっきりとした骨折の原因は分かっていないのですが、かじる事が好きなので。割り箸を水槽の四隅に立てておきました。もしかするとその割り箸を登って行ってその隙間に肢を挟んでしまい、抜けずに体が落ちたせいで折れたのかもしれません。
 何せこの小さい体で、そしてこの年齢で、断脚という大きな手術を乗り越えてくれて、とてもホッとしています。