診療時間

9:00〜19:00
(最終受付18:00迄)

休診日

火・水
(祝日を除く)


トップ > 治療例 > 皮下腫瘍

胸部皮下腫瘍切除

ウーちゃん 1歳9カ月 ジャンガリアンハムスター

 


 胸の部分にしこりのようなものができ、それが何か月かかけて大きくなってきました。普段は回し車をよく回していたのに、ここのところ元気が無くなってきた為、こちらで診てもらうことにしました。
 「小さい体で、この歳で手術?」と思う人もいるのかもしれませんが、可能なことであれば治療をしてあげたいと心から願いました。
 実は、以前飼っていた子が天国へ行ってしまった時、その最後の瞬間まで一生懸命生きようとしていたので、その想いがずっと胸から消えませんでした。
 手術は無事に終わりました。
 術後は、カラーを外そうとして大変でした。また、ペットボトルのフタの上に、高さを付けて食事を置いてあげたりのケアに励みました。  その結果、病気も無事に乗り越え、治療もうまくいき、今ではホッとして生活しております。
 体が小さくたって、寿命が犬や猫よりも短くたって、家族の一員ですから、家族を思う気持ちは人間と一緒です。