診療時間

9:00〜19:00
(最終受付18:00迄)

休診日

火・水
(祝日を除く)


トップ > 治療例 > 子宮腺癌

子宮腺癌

杏子(アンズ)ちゃん 3歳 ホーランドロップ ♀

 


 食欲がなくなり、前日の食事がそのまま食べずに残っていました。そのうち歯ぎしりが始まり、「これはおかしい!」と思いました。いつも体が痛い時や調子の悪い時に歯ぎしりをするので、すぐに病院へ連れて行く事にしました。
 以前飼っていたうさぎも、3歳で体の調子が悪くなり、気付いてあげるのが遅く、残念な事になってしまいました。その経験がありましたので、今回はそのような事にならないようにと、インターネットで夜中でも往診してくれる病院を探し出し、「動物往診センター」を見つけ、お世話になる事にしました。
 詳しく検査をしてもらった結果、子宮の問題が見つかり、それもかなり重症である事が判明し、すぐに手術を受けられるとの事で、そのまま「動物手術センター」にて手術をお願いしました。
 午前中には手術が終わりました。術後、麻酔から覚めた所、キャベツを食べ出したということで、とてもホッとしました。
 退院時、飲み薬が出ましたが、大好きな固形のおやつと一緒に手からポリポリと食べてくれたので、投薬に苦労はありませんでした。ただ、カラーが煩わしそうな感じでしたが、「抜糸が終わるまでは…」と我慢してもらいました。
 手術も無事乗り越え、今は元気になりましたが、子宮の組織検査の結果、腺癌であることが判明しましたので、今後は投薬しながら定期的に癌の検診を受けて体調の管理をしていくつもりです。