診療時間

9:00〜19:00
(最終受付18:00迄)

休診日

火・水
(祝日を除く)


トップ > 治療例 > 子宮内膜炎(卵巣子宮摘出)

子宮内膜炎(卵巣子宮摘出)

ヒメちゃん 2歳 ヨツユビハリネズミ ♀

   


 3日前から血尿が見られ、センターを受診しました。なかなかハリネズミを診察してくれるところがなくて、さすがに血が出ている症状があるのはまずいと思い、ハリネズミの診察可能なところを探しました。
 詳しく検査してもらうと、血尿ではなく「子宮内膜炎」という事が判明し、「動物手術センター」にて手術をすることになりました。
 術後、すぐに出血がなくなり、本人は特にダメージもないようでした。薬もちゃんと飲んでくれたし、食欲も通常と同じで、傷口も気にしていない感じでした。
 普段から過剰なスキンシップはしてませんが、結構人間に慣れるものですね。
 自宅では、お腹を触ると手足をファーと広げて気持ち良さそうにするんです。そして、時々“ハッ!”と気が付いて、「いけない!ついウットリしてしまった!」という感じで、ソワソワしてみたりと、とっても可愛いですよ!・・・(笑)。よく巣箱の中では大胆な格好で寝ています。丸くなるとたまに自分の鼻に針がささってしまい、「ウッ!」と驚いたりする事もあります。
 手術をしてもらって、快適な生活が送れるようになって本当に良かったです。